スリップページしないFX証券会社と口座選び

FXについて

金融関連ニュース

リンク集

運営者情報

FXはリスクのある資産運用

株やFXは、本来は資産を運用して利益を上げる資産運用のはずです。しかし、ずっと負け続けている場合は、資産運用とは言えないでしょう。失敗しても続けている人は、それでは資産運用ではなくお金を無駄にしているだけだという自覚がないのではないでしょうか。 最近はインターネットなどで、色々な情報が入ってきます。株やFXなどは、手軽に始められる資産運用として、よく知られるようになりました。しかし、資産を上手に運用するためには、どうしたらもうかるのか、株やFXについて知識も研究することも必要です。それをおろそかにして、手軽に始められると思って始めてしまう人が多いのではないでしょうか。 資産投資には、リスクもあります。誰しもそれは分かっているはずですが、つい、失敗しても、次こそは大丈夫なのではないか、と思ってしまったり、失敗した分を取り返そうと思ってやめられなくなってしまったりする人も多いのではないでしょうか。それでは、資産運用ではなくて賭け事と同じです。その点を自覚することが必要なのではないでしょうか。

FXなどより個人年金のほうが堅実な資産運用

資産運用の為の金融商品には、様々なものがあります。 FXや株式のように、上手く運用すれば大きなリターンが望める反面、一歩間違えば大きな損失に繋がる商品もありますし、定期銀行預金のように金利は低いものの、銀行が破たんしない限り元本割れのリスクのない堅実な商品もあります。 個人的にお薦めなのは、その中間的な、金利はそこそこであるものの比較的リスクの少ない、個人年金保険です。 公的年金の将来性が危ぶまれている昨今、自分の生活を自分自身で守る為には、自己資産を運用して公的年金を補助する個人年金保険は、非常に魅力があります。 この個人年金保険には、円建ての商品と米ドル・豪ドル等の外貨建ての商品とがあります。 このうち、堅実性を最優先するなら、円建ての商品がベターです。 金利はあまり高くないものの、為替相場の影響を受けない為、確実なリターンが望めるからです。 将来の堅実な生活設計を望むなら、円建て一択となります。 一方、外貨建ての商品は、金利が円建ての商品よりも高いので、上手くすれば大きなリターンが望めます。 しかし、その反面、為替相場の影響を受ける為、金利分を為替相場のダウン分が上回った場合は、元本割れしてしまいます。 とは言え、リスクなくしてリターンなしとも言われますから、多少冒険をしてこちらのタイプの商品を選ぶのも悪くありません。 出来れば、円建てと外貨建ての両方の商品に半分ずつ投資して、リスク分散を図るのがベストです。

金融機関の外貨預金を比べると

"外貨預金を扱う銀行の中で、楽天銀行、ソニ-銀行、三菱東京UFJ銀行について少し...


株主優待で始めよう株式投資。

"株主優待で始めよう株式投資です。 株式を保有することにより株の銘柄によっては、...


正しい損切りするにはどうすればいいのか

FXトレードで成功するには、損小利大になるようなトレードをするのが、最大の近道で...


高スワップ復活もあり得る

リーマンショック前のFX取引においてはどの通貨ペアにおいてもスワップは一取引通貨...


スプレッドの幅は重要な指標

FX業者を選択する上でスプレッドの幅は重要な指標となりますが、この指標は様々なも...