スリップページしないFX証券会社と口座選び

FXについて

金融関連ニュース

リンク集

運営者情報

高スワップ復活もあり得る

リーマンショック前のFX取引においてはどの通貨ペアにおいてもスワップは一取引通貨単位辺り100円を超えるものばかりでスワップを活用した資産運用をされている方が多いでした。ところがリーマンショックによる世界同時不況が到来しアメリカを始め世界の主要国が一斉に自国の政策金利を引き下げたことによりスワップも下がり続け、現在の主要国ではオーストラリアの2,5%が政策金利としては最高という状態になっています。そのオーストラリアも国内の景気不安と貿易依存の高い中国の経済減速により徐々に政策金利が下がっており年内さらに政策金利を引き下げるのではという懸念があります。FXにおいては為替差益が大事ですが、中長期運用や塩漬けにしている方からすれば一日ごとに入ってくるスワップ金利というのは重要であると言えます。しかし国の政策金利の変動は経済事情もあり各FX事業者としてはどうしようもない事なので世界情勢の回復を待つしかありません。アメリカが景気回復基調にあり金融緩和縮小という動きもありますのでドルの政策金利引き上げが期待出来るかも知れません。基軸通貨の上昇により世界各国の景気回復が期待出来ますので以前のような高スワップ復活もあり得るでしょう。