スリップページしないFX証券会社と口座選び

FXについて

金融関連ニュース

リンク集

運営者情報

FXの基本の注文方法

FXの取引を始めるために必要不可欠なこと、それは外貨の「売り・買い」の注文を出すことです。外貨の為替レートの値動きをしっかりと読み、売買を成立させなければ利益を得ることはできません。そんなFXの取引の中で最も基本となる3つの注文の方法をしっかりと覚えておきましょう。

まず1つ目は「成行」です。これは常に変動し続ける為替相場の中で「今すぐ売りたい・買いたい」と思ったときに、その値段で売買する方法。別名を「リアルタイムトレード」とも言われています。

2つ目は「指値」。「1ドル=95円で売りたい・買いたい」というように、あらかじめ値段を指定して売買する注文方法です。この指値注文は自分の希望する値段での売買が可能ですが、その反面レートが予測していたものと逆に動いた場合は、なかなか希望した値段での売買が成立しないことがあります。

3つ目は「逆指値」。指値注文とは反対の注文方法で「いくらまで下がったら売る」と指定することができます。主に「これ以上は損失を出したくない」という損切りの手段として使われることが多いのですが、レートが予測どおりに動いた際には利益確定の手段としても使われます。

FXの注文方法は、上記の3つ以外にもたくさんの複雑な方法がありますが、どれもこの「成行・指値・逆指値」という3つの注文方法を基本としたものです。つまりこの3つの注文方法は、FX取引の基本中の基本ということ。FXの取引を始めるときには必ず必要なことなので、しっかりと覚えるようにしましょう!