スリップページしないFX証券会社と口座選び

FXについて

金融関連ニュース

リンク集

運営者情報

取引通貨単位

FXで取引する場合、取引通貨単位というものがあります。

USドルを1ドル110円で取引する場合を例にすると...。

・10万通貨を取引する場合
 10万×110円=1100万円

・1万通過を取引する場合
 1万×110円=110万円

このように、取引する通貨数が大きければ、当然扱う金額が大きくなります。

殆どのFX仲介業者では、この取引単位に最低取引通貨単位という基準が設け
られており、その単位以下の取引は出来ません。

現在は1000通貨からの取引が可能な仲介業者も出てきましたが、通常は10000
通貨単位の取引というのが一般的です。

上の例でもお解かり頂けるように、10000通貨の取引には110万円が必要になり
ますから、ここでレバレッジが意味を持つことになります。

100倍のレバレッジであれば、1万1千円の証拠金が必要となり、10倍であれば
11万円の証拠金で取引が可能となります。

このようにFXでは、取引する通貨の最低取引単位に合わせて、レバレッジと
証拠金を設定して取引を行います。